昨日は、道新文化センターでの講座開講日。

はじめてのネットワーク・セキュリティ

 

 

 

 

 

 

ふつーの技術者向けの内容を誰にでもわかる形で話しているこの講座。

テーマはwi-fi。

以前やったワンコインの1時間セミナーではサラッとした内容だったけど、

今回は目一杯深掘り。

wi-fiについて公衆wi-fiの安全性や利用時の注意点だけで

なく、普段からどういったところに注意すべきかといった所まで。

また、“どうやって声やデータが電波に乗って飛ぶのか?”

というのを、体感してもらいながら伝えるというのをやってみた。

ここで細かくは説明しないけど、普通なら技術者が専門的に

学ぶような標本化→量子化→符号化の話等も楽しく分かりやすく

伝えさせてもらった。この話が分かるとFMとAMのラジオの

音質の違いとかも分かるからね。

 

僕の今回のシリーズはとにかく“原点を知る”事に注力してる。

原点を知っていたら、何が危なくて、何が安全かを

自分で判断できるようになる。技術は常に進化・変化していく。

でも、それを使う人間はそんなスピードでは変われない。

ITにまつわるリスクは世に沢山あるけど、1つ1つに踊らされず

“な〜んだ。じゃ、大丈夫。”と言っていただけるようになるといいなあ。

 

wi-fiの電波について。あと数年したら変わるんだ、これが。常に日進月歩。

 

 

Please follow and like us: