Facebookにも少し書いた話。

その①
土曜日、チコちゃんに叱られるを見て、9時に宿泊先のホテルを
出た直後、
「チコちゃん、面白いよね」と話しかけると、
→「誰それ?」と言われる。

 

その② 
今どきの流行りを考えてみましょう、と言われて
「TikTokが流行ってるよね」と答えると、
  →「なにそれ? 知らない〜。」と言われる。

その③
今どきの流行りを考えてみましょう、と言われて
「QUEENだね。ボヘミアン・ラプソディいま、人気だよね」と話すと
  →「QUEEN、知らない。」と言われる。

 

この3つは、ここ数日で立て続けに実際にあった話。

ここから一体僕たちは何を学ぶべきなのだろうか?としばし

考えてみた。

そう。チコちゃんは知っています(笑)。

 


【世間で流行】という考え方は既に死語


 

誰もがテレビを前にしてご飯を食べていた時代は遠い昔。

スマホだけで暮らしている人も多いし、誰もが自分の

好きなモノやコトを追い求め続ける事ができる時代。

 

こんな時代では、“流行っている”と考えてみたところで、

所詮は知っている人達の中だけで流行りをシェアできても、

他の人達には全く関係のない話。

 

NHK を見ない人は、チコちゃんを知らないし、

スマホで動画を全くみない人は、TikTokを知らないし、

洋楽に興味の無い人は、QUEENを知らない。

 

ここで挙げた3つは、たまたま僕は知っていたけど、知らない

人がいても当然だよね。

逆に、世間が当たり前と思っていても僕が知らないことも

ある。

 

SNSがあるから、自分の好きなコトがわーっと広がっていったり

している様子を見ると、世間もそうなのかなと勘違いしてしまう。

 

違うんですよね、世の中は。

 

、と、チコちゃんに叱られそうなことに今更気づいたというお話でした。

 

ボーッと生きてんじゃねーよ! って    毎週チコちゃんに叱られる幸せ。

 

 

Please follow and like us: