【 田舎のブロードバンド屋 】

光回線の届かないような田舎でのブロードバンド化を進めています。
お約束するのは、この3つ。

1.インフラ整備
  4GLTE回線や、Wimax等を比較して、現地に合わせた回線を整備します。
  利用される方の利用シーン・活用方法を踏まえます。

2.リテラシー向上
  “情報発信&情報収集力を高める” 

  “セキュリティ意識を高く持つ” 
  “タダほど怖いものはない”
   

  この3つの考え方がインターネット時代に最低限必要な
  リテラシー(利用者の意識)で、これらの向上に繋がる
  講座やサポートサービスを提供します。

3.セーフティネット構築
  様々な危険性やリスクが存在するのもインターネットの世界。
  そうしたインターネットの危険性をただ訴えるだけじゃなく、
  危険性を防ぐ為のセーフティネットになるような設定やサービス
  の導入を進め、安心してインターネットを使える環境を提供
  する為のセーフティネットを整えます


 

ここからは長文なので、お時間のある時にm(__)m。

【ブロードバンドは当たり前じゃない】
ブロードバンドは、“インターネットが自由気ままに利用できる通信環境”と

言えばわかりやすい。

世の中、これだけインターネットが当たり前に使われているのに、

僕が住んでいるような地域は、固定回線はADSLしか届かない。

光回線が届く日なんて、夢のまた夢(泣)。

ADSLは、2023年には終了が見込まれているサービス(→これ

もっとひどいところはADSLすら届かない地域もある。

 

【4Gのエリア拡大が固定回線を不要にしつつある】

ADSL廃止については、正式には、【光回線の届く場所】とあるけど、

実際、機器も製造されていないし、いずれ無くなることは間違いない。

その一方で、携帯電話が4G(第4世代)になって、通信速度が早くなると共に、

固定回線の届かないような地域でも動画閲覧等で十分な速度の出るサービスが

4G経由で提供できるようになってきました。それに、パソコンを使わなくても

スマホ1台あれば、ほとんどのことができてしまうようになりました。

 

【IoT時代は、インターネット接続が当たり前になる】

いま、やってくる時代はインターネット接続が当たり前になる時代。

携帯だけではなく、自宅の中にも常時接続できる環境を用意することで

テレビやスマートスピーカー等の機能を楽しむ事ができます。

また、農家の多いこの地域だと、自動操舵システムの導入など、

圃場でもインターネットに接続できる環境がこれからは必須になります。

 

【 田舎のインターネット屋としてできること 】

誰よりもわかり易い言葉で伝えるのが得意です。

田舎のインターネット屋として、最新のサービスを田舎で十分に享受
できる環境を整えていきます。