【 たった1人の為にITを哲学する 】

「哲学」とは、答えのない問いに対して考え抜き、行動する為のきっかけを

作る事だと考えています。

たった1人の為にITを哲学し、現場や経営者とITの“谷間”を埋める。

使い手目線で徹底的に考え抜く、と言い換える事もできます。

ITという道具をいかに使いこなしていくかは、使い手の実現したいことが

あってその手段としてITが必要かどうかからまず考える事ができる。

まず、【何をしたいのか?】【どうしたら楽しい(嬉しい)のか?】

ここにフォーカスを当てた上で、使い手目線でIT活用法を考え抜きます。

 

質問、問合せなどは、こちらから(→問合せ